ロレックスの遊覧船の名仕型IIを簡単に評価する

遊覧船名仕型IIは特に専門の航海家として開発され、全世界初の特許機械式記憶設定逆数のカウントダウン機能を搭載した腕時計で、ヨット競技参加者のカウントダウンは公式カウントと完全に同期させることができる。最新の牡蠣式の常動ヨットの名仕型IIは、大海原に挑むという卓越した度胸が互いに呼応し、長距離ヨット試合の澎湃となっている。

 
腕時計は18 Kバラ金と90 Lのステンレスの組み合わせで、直径44ミリの直径設計、白いディスク、腕時計の側面にはクラウンロゴの表冠に加えて2枚のカウントダウンボタンがあり、カウントダウンを使用している。腕時計のチェーンが同様に採用されたのは、18 Kバラの金個90 Lのステンレス製で、時計のボタンは折り畳み表のボタンで設計されています。

 
ロレックスは、ヨットレースとして開発された遊艦名仕型IIは、Ringコミットの外輪を搭載し、外輪と機械装置との結合を兼ねて直接連系の機軸を持ち、外輪を逆の機能を調節するコア部品として、その腕時計を装着する参加者を、試合の順位によって再設定することができる。