ロレックス2018バーゼル世界新品上海メディアプレビュー会

2018年5月7日から5月9日にかけて、ロレックスは、2018年のバーゼル世界新新メディアプレビュー会を開催し、2018年の世界時計ジュエリー博覧会で盛大に発売された新モデルの腕時計が展示されている。

 
第2時間帯を搭載したグリニッジ型II(GMT – MasマスターII)は、ロレックスが2018年に焦点を当てている。この腕時計は、新しい385型のロレックスのココアを搭載し、独特の斬新なイメージを持っている。この腕時計には、双方向の回転外輪と、赤青双色Cerachrom陶質の字圏を備えており、より最初にオイスター鋼(Oyster steel)の記念型のバンドスタイルを展開している。18 ctの永遠のバラ金モデルは同様に第1回グリニッジ型IIシリーズの中に登場した。2つの新作は、両向きの回転外輪と、ブラックダブルカラーCerachrom陶質の字圏を組み合わせて、その中の茶色の字圏が最新の開発の成果となっている。

 
クラシック腕時計スターソースは、先進的な335型メルトやオイスター・セカキ誌31(Oyster Petual Datejist 31)を搭載した新世代の236型の機軸を搭載し、先進的な製表技術を融合させた。2つの腕時計は複数の斬新な表板を組み合わせて、カバーを再設計した。