ロンジンのテイスティングマスターカレンダー年次カレンダー

アルマナック機能は、現代のタグホイヤーコピー時計製造における最も独創的な革新の1つであると言えます。20世紀の終わりにアルマナック機能が出現するまで、長い間、時計のカレンダー表示デバイスには複雑な手順を備えた永久カレンダーまたはフルカレンダーしかありませんでした。どちらも日、星、月の見た目、さらには月の満ち欠けを表示することもできますが、大小の月の遷移に遭遇すると、2020年のように4年ごとに発生するうるう年ですらあります複雑なムーブメント構造により、タイミング、永久カレンダー、正確な時刻表示特性、利便性をフルカレンダーと比較し、大きな違いを簡単に確認できます。したがって、年間カレンダー機能の出現は、2つの機能のギャップを埋める理想的なパズルと言えます。

 

ジャイアントシリーズは、常にロンジンが複数の機能を開発するための重要なステージでした。4つのレトログラードジャンプ、フルカレンダークロノグラフなどの作品に続いて、このアルマナックはシリーズの幅を一気に拡大し、より便利な実用的な機能を着用者に提供します。

 

複雑さの点では、アルマナックは永続的なカレンダー構造よりも簡素化されていますが、フルカレンダーよりも複雑です。見かけの正確さの点では、アルマナックには2月と3月の間の日付遷移を自動的に認識する方法がありませんが、少なくとも輪列は細心の注意を払って、残りの11か月と小さい月の間の日数の変換を積極的に識別することができます。時計の所有者はこれを年に1回調整するだけでよく、利便性が大幅に向上しました。市場に出ている機械暦のあるハイエンドブランドを見ると、価格は数十万ドルから100万ドルを超えることもよくあります。心臓という点では手頃な価格ではありませんが、すべてロンジンマスターで発売されました。巨大なカレンダーの年次カレンダーシリーズの後、私たちは確立された印象を大きく覆しました。

 

ロンジンジャイアンツシリーズの年間カレンダーシルバーホワイトの小麦の耳には、ロレックスコピー独特の3次元のレイヤーが施され、エレガントな雰囲気を演出する黒いアラビア数字が使用されています。また、年間カレンダーに関連する日付と月の窓は3時に位置しています。シンプルなパターンは年間カレンダーに属しています。ユニークなデザイン。