ヴァン穀自画像上手积家エナメル表は芸術

味わいがある芸術の絵は、表に壇現代の伝奇、どのような火花をおどりますか?トップ時計ブランド积家(Jaeger – LeCoultre)今年再度手を携えてオランダアムステルダムヴァン穀博物館を構築し、Reverso a eclipsesヴァン穀自画像隠れる式エナメルの彩色上絵の反転時計は、繊細な彩色上絵のエナメル作品みんなに敬意を表する。また、エルメスもエナメルペイントで有名な「東方駿馬」を再現。

 
採用积家経典Reversoシリーズのケースは、ケースサイドだけで軽く回転ホイール、梵穀絵が目の前に頼るの次第に行われており、このシリーズの隠しイベント装置と精密なエナメル工芸。いったん起動独特の幕の簾の設計、表面例えば緞帳のように徐々に展開をあらわに梵穀のマイクロ絵エナメル自画像。グローバル限定4匹、アムステルダムオランダの梵穀博物館で展示されている。

 
「Cheval d ‘ Orient東方優駿」柄元官僚エルメスの食事の磁器、後も伸びが腕時計、例えばブランドまで出ていた「東方優駿」漆工芸時計絵。当時は中国のフランス採用源漆器漆工芸を絵では、初フランス漆絵画は金属材質に。