一番人気のレトロ腕時計!

オメガマスター天文台腕時計(The Omega Globemaster)
これは歴史上初めてマスター天文台で認証された腕時計です。技術面では、このスーパーコピー時計N級はオメガの新しいデザインですが、復古元素は「平底文字盤」にあります。これは1952年にオメガが出した星座シリーズからインスピレーションを受けました。滑らかなフランジを持つ溝の輪のデザインは、1968年の別の星座の腕時計に由来しています。直径39ミリのフライパン(ステンレス、合金、two-tone steel、オメガならではのSednaゴールド素材があります。)ブラシ面で処理し、ベルトに接続された表耳部分を含む。その8900同軸の拘束は自動的にチェーンを付けます。コアは15,000ガウスの磁力に抵抗するだけではなく、スイスの公式天文台の認証(COSC)の基準だけではなく、スイス連邦理工学院(METAS)の認証を通過しました。
帝舵北旗腕時計(The Tudor North Flags)
この腕時計の命名のインスピレーションは、20世紀50年代のイギリスの北グリーンランド探検隊――当時チームのメンバーが着用していたcira-1952 Tudor Oyster Princeの腕時計です。North FlagGはこのように発展してきました。直径40ミリの全磨砂マットブラックの文字盤は、蛍光材が埋め込まれた白黄色の数字と目盛りを強調しています。糸を引く処理を経た表殻は上品で、傷が目立たないが、サファイアの下の帝舵MT 5621のムーブメントは帝舵の最初の自主生産のムーブメントである。
百年霊越洋1915時計(The Breigtling Transocean Chronograph 1915)
この腕時計の誕生のタイミングは発明の百年の誕生日です。今から見ると当たり前の発明です。19世紀の初期には、スタート、ストップ、ゼロに戻るなどの調整機能が、それぞれの冠に位置する異なるボタンで制御されています。1915年、百年霊創始者の子ガストン・ブライアントは、スタート・停止・ゼロ復帰機能を制御する独立したタイムボタンを発明した。同時に彼はこの独立したタイムボタンを2時の位置に設置し、人体工学に適合させ、装着者がより自然にスムーズにこのボタンを操作できるようにしました。この腕時計はクラシカルなデザインと優れた機能を継承しているだけでなく、現代の技術を取り入れて、新たに演出しています。この腕時計はスイスの公式天文台の認証を経て、新しいB 14のムーブメントを搭載しています。2つのエリアの銀色の差色の文字盤には、それぞれ9時と3時に秒針と30分のクロノグラフが対称に配置されています。