一目瞭然大データIWC時計エンジニア万年暦

グッドウッド会員会議はイギリス南部3 . 8キロのコースで行われた多くの骨董とレースや試合。ハイライトはIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー追跡時車戦(IWCサントラMoment)、IWC新任チーフ与党長克里斯多夫.格格-ライアンハイアール試合に参加するだけでなく、更に運転は1955年に制造のメルセデス300 SLレース、同時にエンジニアシリーズの誕生の年。

 
また、IWCも授与されました。初めて開かれたスコットブラウン(Scottブラウン)車レースのトロフィーを賛助一等賞。この試合はイギリスレーサー阿奇.スコットブラウン(Archie . Scottブラウン)の敬意を表し、このドライバーは1950年代に運転時には伝説の利斯特(Lister)レース「Knobbly」(直訳すると「しこり」)を競技場。

 
そして2017年第75回グードウッド会員会議(Goodwood Members ‘ミーティング)でも、IWCが発売された経全面改造のエンジニアシリーズ。このシリーズの中のトップ表の数字は技師万年暦日付-月腕時計(型番IW381701)。万年暦を自動的に認識の大きさの月の分、甚だしきに至っては閏月期日も考慮を入れ、透過表冠を気軽に調整。表の89800型自制ムーブメントを搭載しクロノメーター同じ機能。この時計は直径が45ミリの18バラの金のケースは、銀メッキ面盤、黒の指針と黒いワニ皮バンド、限定ひゃくだけ。