世界で初めて自動巻きムーブメントHMC 802

ヘンリーの始まりとして最も富の創造に腕時計ブランドの一つだけではなく、見た目に精妙绝伦のデザインで、同時に更にムーブメント独創技術の開発に取り組んで、装着者より便利を提供すると人間化の体験。今般、冒険者陀フライホイール暮らすときに続くヘンリーうらやむ古きを去って新しきに就くのアイデアの品格を新たに搭載し、自動巻きムーブメントHMC 802、交換できる陀フライホイールモジュールの独特な構造に含まれるステラマン双糸遊令HMC 802生来の優れた精度と等時性をより一層、独特の「挿抜システム」を実現する独立はムーブメントの組み立てと調整に盛り込み、「天馬空を行く」式のアイデアをいかんなく発揮さ。

 
陀はずみ車が生まれたのは、18世紀、最初に懐中時計、この復雑な装置が重力で相殺効果、この時計を保持する平面に垂直を強める精度。この原理はずっと今まで続いていて。しかし、腕時計日常使用中に複数の位置を維持するので、伝統的な陀はずみ車が喪失部分の利点。ステラマン双発条を巧みに通じて一緻のバネに最適化の精度。いくら腕時計、どういう位置発条上の重力の影響される位置に対して相殺発条。この重心を保って糸遊中間を高めて精度。また、カップルのステラマン糸遊も減少単根糸遊普遍出会う摩擦効果を高めてイソクロナス――1項が適して二十一世紀装着者の需要の陀はずみ車はここで誕生。