世界と時報センター同期の電波時計

電波時計、無線電波時刻合わせ、原理は内蔵小型無線受信システム、レシーブ国時報センターからの原子時計クラス(百万年未満の正確な時間誤差1秒)信号は、専用集積チップに信号を分析して、更に時計装置内に設けられた制御機構自動調節電波時計の時。この自動調整の過程を経て、電波時計と時報センターの時間を保てることによって、すっかり解決した腕時計の時誤差問題。1992年、バーゼルの時計博覧会で世界初の局名宛型電波腕時計を展示。この腕時計は針式で、イギリス、ドイツ、日本の電波信号を受信できる。

 
電子計算機を製造を専門のカシオ(Casio)は、1970年代クォーツ大波の中に入って時計の製造業、電子時計の別の1つの重要な推進ブランド。カシオ無線電波に仕様技術もきわめて注目し、1995年に発売したドイツ市場その第一項の無線電波時計、その後日本市場に出す電波時計。シチズンは第二年世界第一項光エネルギーの電波時計を発表した。

 
電波は直線に沿って伝播するので、十分な密集の発射塔を構築することができないように、無線信号は完全に地球の表面を覆うことができなくて、辺鄙な地区はとても信号の盲点になりかねて。野外や航海に採用しなければならない衛星ナビゲーション通信、便利さのために野外や航海装着者のニーズに、2011年に発表した、シチズンは衛星の表時刻合わせ機能モデル「エコドライブSatellite)」を通じて、空の中の航法衛星受信信号を実現した世界のいかなる地区でも自動時刻合わせ、令電波時計技術を更に完璧。