世紀の腕時計、七色は美しくて、女の人は愛しませんことができますか?

世紀表の最も特別な点は、その表殻にあります。世紀に独自に開発されたサファイアを表殻として採用しています。世紀のサファイアは天然のサファイアではありませんが、その光学的性質は天然のサファイアと同じです。その莫氏の硬さは9で、莫氏の硬さに次ぐ10のダイヤモンドです。だからサファイアに対して研磨切断するのはダイヤモンド切断技術を採用しています。世紀のサファイアはこのように独特ですが、創始者のHans-Ulrich Klingenbargはこれに満足しないで、絶えず研究して、サファイアのために絢爛な色を与えました。

 
このシンプルさの中には華貴感のある腕時計があります。全部の手で切って磨きます。赤い宝石のケースは色とりどりの視覚的衝撃を与えます。上質なクロコダイルの皮のバンドは、材質が柔らかくて靭性に富んでいます。簡単に、デザイナーは目盛りを捨てて、針を二つだけ残して、宝石の赤を完全に残しました。このような精巧な時計はもう腕時計で家から来られなくて、もっと貴重な宝石のようです。

 
青々とした緑が林間から飛び出す精霊のように、甘やかさとやんちゃさを帯びている。ダイヤモンド工芸の明るいカットは32彫刻の表殻を作り、屈折がまばゆい光を放つ。純銀の太妃の針は目盛りがない表面でぐるぐる回って、時間は跡がなくて、点滴は心の中にあります。高品質のワニの皮は緑色に包まれて、低調な内に集められます。

 
灰色、色調盤の上で最も忘れられやすい色は、赤のように熱くもないし、黒の濃厚さもないし、墨が水の中にあるように、かすかでつかみにくいです。灰色がサファイアに出会うと、磨きがかかり、夜の精霊となり、32が輝く。12個のダイヤをちりばめた文字盤は、純銀太妃の針と相乗効果があります。蛍の光は月の光にもなる。

 
紫が腕時計に使われることはめったにありません。紫色は比較的低いので、一見目立たないようです。この世紀表は全体的に紫を使っていますが、それぞれ階層があります。サファイアのケースは紫と合わせて32個の面から放射されます。無目盛りの文字盤はブドウ色で、純銀の太妃の針と組み合わせて、濃淡がいいです。ワニの皮のバンドはパンジーに彩られて、柔らかい皮質と組み合わせて、快適に服を貼ります。