人体の「発電」の腕時計を通して

セイコーは1998年に発売した世界第一だけを頼りにして人体の体温発生電気の腕時計「Thermic」。時計の発電部品はとても特別で、その原理は人体と外界の温度差発電を通じて発電することです。大多数の情況の下で装着者の体温と外界の温度とは異なる金属を接続する構成閉鎖回路は、2つの接続時の温度も違うので、温度差は閉鎖に生じる微小な電圧回路。理論上、温度差は大きくて電圧が大きい、しかし、時計の上にとって、あまり大きい電気が必要ではありません。セイコーセイコーの部品の発電性能は非常に高く、この珍しい技術を時計製造分野に応用することができて、この珍しい技術を成功された。

 

http://www.jpabcdef.online/