伝統と伝統が「月」イメージの針設計

太古から、大和民族はずっと「月」を持って神秘的で崇敬の憧景、平安時代(西暦794-1185年)の貴族達がよくて月が高く夜空に際して開催観月の宴席に備えて、伝統の秋の食べ物や日本清酒、宴会に吟じ詩、吹奏管絃、または船で旅行の湖を水面に映って白く照り映える月なので、「月見」(Tsukimi)。
タイミング递嬗につれて、月見伝統見物する今、日本の秋に月見をする習慣もしばしばさまざまな美学を創作注入インスピレーション源。新しいSeiko Presage SPB069J1が巧みにこの日本伝統文化に表の設計の中で、秒針端を飾って渡金色に粉末の三日月を慎重に作成するように、月の表面の特殊なテクスチャ、飾金色の三日月の秒針を伴って時が流れ、深い靑いエナメル面盤柔らか光沢の背景には、のような暗い夜の星空中升落ちの月、落ち着いて静謐も失わない気高くて優雅。Seiko Presage SPB069J1落ち着いて優雅な靑いエナメル文字盤や文化遺産の設計に富んで完璧な解釈が和風の伝統的な美学と職人の精神。