伯爵のアイデアの配飾り:面白さが生まれたジュエリー

Piget伯爵は、多くの大胆前衛の腕時計とジュエリーブランドを生み出していますが、カラー運用や腕時計、ジュエリーによる独特な突破のほか、より強力な実力で面白い横柄なデザインを実現しました。ヨーロッパの古典貴族層の生活情緒に精通し、Piget伯爵は時間の秘密を独自の機械に濃縮し、尊い身分の象徴となる。今回展示されたPiaet伯爵の高級ジュエリーは、真珠の母と青金石を象眼し、優雅で贅沢を示しているが、振り子の小さな体型を脱して三問、万年暦、月相、カウントダウンなどの機能がある。

 
Piget伯爵もすべての華美な生活の詳細に集中しています。Piget Polo黄金のシラガーカットは、第1世代のPiget Poloシリーズの腕時計異曲と同じ作業をしており、硬直な線で紳士の本質を描き、鋼製のはさみは繊細で鋭利で、葉巻の頭を切り開いているという動作が優雅と力に満ちている。葉巻との双生を切ったPiget Poloライターが黄金に包まれ、筐体の上に縦に486本のダイヤを飾り、火の光が輝いてきらきら光っている。

 
また、今回の「時間の廊」には、ブランド秘蔵のジュエリーアクセサリーが展示され、豪華で典雅な貴族生活が再現されている。今回展示されたPiaet伯爵の黄金ダイヤモンドの母緑の縁眼鏡は、細やかな黄金の包みのフレームによって、優美に純度の黄金の線を描きます。長方形のカットのナップとトップの祖母緑が織りなす2つの長弧になり、鼻の筋が優雅に蝶の形になった。