伯爵の帝王枕型超薄型自動三問表を味わう

伯爵Emperor帝王枕型の薄い自動三問表の機軸の厚さ4.8 mm、表殻の厚さは9.4 mmで、伯爵の第1枚の質問表で、同時に伯爵が自ら生産した第4項の複雑な機能腕時計でもある。機軸の独特な報知の音を与えるために、その時には、カウントダウンで同様に優良品質を維持するために、伯爵製表作業坊はEmpdor Cousinを製造して3問表を精錬した過程で、約3年にわたって、6人の専門エンジニアが投入された。

 
9時位置のダイヤル装置を動かして、3問の時報機能を起動する。音が音で音を打つ時の振舞いが起こる。音の槌は精製鋼からできて、最も理想的な硬度と重さの比を確保します。サウンドボエの制作一体成形で最高の振周波数に達することで、音から表殻まで音を伝えることを確保する。音の伝達の過程の間にその純潔な音質を持っているために、機械のコアは、時間を調節する時から最後までのバーンリズムを調節します。