優れた放送威Freurierシリーズの透かし彫りの陀飛輪

この優れた腕時計を作るために、Bovetは透かした作品の設計を時計師に委託しています。技術のために――彫刻の職人にも配慮しています。技術の制限と美学の追求を統合することによって、彫刻の職人は文字盤と表橋の図案の形を設計することができます。そして彼らと続いて各部品の表面で行うFreurisanne彫刻と完璧にマッチします。

 
播威のムーブメント工場Dimier 1738が心を込めて作ったムーブメントはもっと独特なところを見せます。美学とムーブメントの装飾は常にその3次元の設計に現れています。透かし彫りのAMADEO®陀飛輪の腕時計は彫刻品というより、むしろ装飾的な装置であり、流線型の利用にはモデルとも言える。部品の図案形状、彫刻及び異なる文字盤面の状態コントラストは、いずれもこの装置の複雑さを際立たせ、各細部を拡大している。

 
長い観察だけでは、すべての微細な特徴を発見するのに十分ではない。細部や天才の作品、たとえば、文字盤の両側の彫刻。このシンプルな考え方は明らかで驚くべき効果をもたらし、同時に彫刻職人の仕事をさらに複雑にしています。多くの時間をかけて丁寧に彫刻した第一面を壊さないように、ケースや文字盤第二面を彫刻するのは非常に冒険的で繊細な仕事です。複雑な透かし彫りの技術と装飾を採用していますが、AMADEO®透かし彫りの空飛ぶ輪の腕時計は信頼できて、機能がそろっていて、正確な腕時計です。日常にぴったりです。時間、分及び7日間の動力備蓄を表示できます。その秒針は陀飛輪フレームの上支点をめぐって運行します。可逆的かつ変換可能な両方向手動装置は、時計第二面の偏心指標によって時間と分を表示することもできる。この双方向の手動装置はAMADEO®透かし空陀飛輪の腕時計の両面の指示盤に現れます。偏心の彫刻模様の小さい文字盤と、透かしの芯に続く中央式の針は、ムーブメントの魅力的な風景を現します。

 
手先の職人たちは技術的譲歩がないという前提でこの表の精密な工芸を成功させました。また、製造技術部門の内部の専門家は透かし機の芯で作った他の欠陥を巧みに克服しました。十分に明確な参照フレームを提供するために、ムーブメントには12時、3時、9時の位置を示す3つのローマ数字が表示されます。コレクターの要望に応えて、ムーブメントに金メッキや上渡ロジウムコーティングを施しました。同時に、針とねじと輪の縁を明るい青色に噴き出して、全体のコントラスト効果が顕著になり、より図形的な美しさと読み取り可能性を向上させます。Freurier Amadeo®透かし空陀飛輪の腕時計が登場するにつれて、Dimierと播威の職人たちは驚くべき才能と秘密を見せてくれます。