北京はFNⅣ腕時計を通り抜けて正確に歩く時

FNⅣを通り抜ける腕時計は、外観上FN IIIを通り抜ける腕時計とは違って、最高級ロレックスコピーFNⅣを通り抜ける時に、ブラックセラミックめっきのケースを採用したので、よりファッション的な動きを見せます。文字盤の設計はFN IIIを通り抜けるのと同じで、動力備蓄表示、中華霊燕陀飛輪装置、及び製造工程のかなり複雑な飛回カレンダーを持っています。

 
まずこの腕時計の冠を見てみます。歯車式の時計の冠には「北京」というロゴが刻印されています。この腕時計の厚さは比較的に「軽い」です。有陀飛輪の下で12ミリ以内にコントロールされています。他のブランドのややもすれば14ミリ以下とは言えません。

 
FN IVの腕時計のケースを通り抜けて、時計の鎖、時計のボタンはすべて更に磨耗に強いステンレスの材質を採用して、身につける時も更に心地良いです。表の底にはサファイアガラスの背面透設計を採用しており、TB 01-2 FNのムーブメントに青いねじとルビーの赤い青の継ぎ目で飾ります。この腕時計の防水能力は30メートルに達しています。

 
FN IVの腕時計を通り抜けて北京TB 01-2 FNのムーブメントを採用しました。TB 01シリーズのムーブメントは北京腕時計工場の第一陣の研究開発に成功したブレゲスーパーコピー陀飛輪ムーブメントです。北京の腕時計工場の第一陣の陀飛輪は時計の大家の許耀南によって1996年に開発されました。その後、改良と最適化によって、だんだん芯の薄さと安定させられました。そして2005年に飛行カレンダーの機能を追加しました。「中華陀飛輪」と呼びます。