名表鑑賞:CELLINI 509ロレックスクラシック腕時計

このシリーズは12の古典の時計から構成されています。各種類は専門技術と精巧な工芸を一身に集めて、ロレックスの伝統的な味わいを十分に表しています。簡潔で優雅な線、高贵で美しい材質、及び精緻で豪華な装飾によって、各細部は全部表工芸の法則に適合しています。しかし、このシリーズの新型腕時計は昔の美しいデザインに限ったものではない。イタリアのルネサンス期に尊崇された芸術家、金師及び教皇廷彫刻家Benventot Celniによって命名されたロレックスのチェイニーシリーズは、古典の根源に立ち戻りつつも、現代手法で真髄を再解釈し、完璧に調和している。これらの腕時計はロレックスの時計の伝統を内蔵していて、現代の不朽の建築を連想させます。その配置の比率と簡約の線は現代の空間と光影と巧みに協力します。新しいチェイニー腕時計は伝統の制約を抜け出して、徹底的に時間の守護者になって、更に豪華な風格のシンボルで、本当に生活芸術の非凡な価値を体現しています。

 
切利尼シリーズは表伝統の中で最も洗練された魅力的なところを演繹しています。絶対に気高くて優雅です。ケースはロレックスの専属鋳造工場で製造しています。18 ctのホワイトゴールドや永遠のバラゴールドが用意されています。直径39ミリの古典的な円形デザインはブランドの伝統的なマークであり、繊細な形のシェル耳、つや消しの装飾と円アーチ外輪と三角穴の外輪で構成されたダブル外輪は腕時計をより独特な特色を持たせています。その中でロレックスを象徴する三角坑紋は、旋入式の背もたれに用いられ、表背は昔のように丸いアーチをしています。ラッパの形をした旋入式の表冠はきりりとした美しい美学を表しています。

 
もう一つの文字盤はブランドの表知識と伝統を証明しています。各文字盤は漆面で装飾されています。黒または銀メッキの経典「ラヨンフイルム」の放射線紋を飾り、金立体時計点の標識を配合しています。文字盤のレイアウトは腕時計の機能によって異なり、キリニシリーズ全体を3つのカテゴリに分けることができます。Celni Timeは古典的な表計算のモデルで、時には、分と秒の表示を設定します。Celni Dateは副表盤の針によってカレンダー機能を追加します。華実兼備です。最後に、Celni Dual Timeは同時に2つのタイムゾーンの時間を表示することができ、第2のタイムゾーンのサブテーブルウィンドウには優雅な太陽と月が昼夜表示されます。