品鑑:マリンタウン航海シリーズトビロン

この航海シリーズは、ネオンUN-288の自動上輪ムーブメントを搭載した大明火エナメル陀飛輪腕時計で、アテネ時計発祥の地スイス・ロックで自作開発されました。モデルはシリコン技術の特性を採用し、60時間の動力貯蔵を備えています。時計盤の6時の位置に飛行機用の空飛ぶ車輪が搭載されています。

 
白い大明火エナメルのフェイスプレートはアテネ時計傘下のDonz e Cadransエナメル工房で作られています。純粋な白は、極めて困難な工芸の成果でもある。優雅な大明火エナメル面のほか、腕時計は航海系の高度識別特徴と相まって、12時方向に60時間の動力貯蔵表示を搭載し、優雅な針とロマ数字を表示します。43ミリのステンレスケースは精巧な設計と実用性を備え、時計の冠はギヤゴムを覆い、チェーンと調合時の摩擦力を高め、快適度を高め、回転式の冠は100メートルの防水機能を確保する。