地球を放浪する「飛ぶ」空のGPシガンの新表

今年のジュネーヴ表展では、GPシガンがこのテーマをモクガンシリーズの新たな表モデルで上演し、天の川の空に対する憧れと好奇心を意味する。今回のLarreatoモクガンシリーズは、3つの表を含む:入門表金、カウントダウン表、世界時の腕時計、3つの時計はすべてGPシケ表の元の工場の機軸に乗って、新しい姿で引き返す。さて、これからは、サンバのその中にある新たな表を鑑賞します。(腕時計タイプ:81066 – 2 1 – 49 – FH A)

 
今年のシケイの冠シリーズの新しい表金はもとの基礎の上で、表殻のサイズを大きくして、よりしっかりとした線に合わせて、新しい構造は新たに作った一体式のゴムの表帯に合わせて、今年の新しい時計はブランドそのもののDNAを忠実にして、同時に現代のファッションの美学要素を注ぎ込むことができる。新表金は青と黒を採用し、青と漆黒の間に遊歩するような空の行者が、冒険の精神に満ちていた。

 
表殻の直径は44ミリまで大きく、大気は尽き、PVDチタンの金属素材で作られた。経典の八角形の表の輪は見識があり、表輪の側面、その下の円形部分、および表殻の縁はすべて放光打研磨処理を採用して、その他の部分は糸を引く技術を採用して、細部から見える精巧な工夫と繊細な工芸。

 
流線設計の表冠の保護橋の角ははっきりしていて、八角形の表冠と表輪は呼応して、その上にGPシケのブランドのロゴが刻まれている。

 
濃紺の盤面には太陽の放射線があり、青は中央から外へと深まり、神秘的な夜空のようだ。よく観察してみると、光が黒い時には立体感が十分で、夜光塗りの針が付いています。

 

http://www.jpabcdef.online/