大地の心から銀河のもとへ

宝石の象眼は伯爵の極めて優れた工芸である。ジュエリーやジュエリーにも精通した伝統の時計職人の一人として、伯爵は卓越した象眼技術を通して、貴重な宝石を非凡な製表の技術に溶け込み、独特の作風を立てた精緻な作品を作ります。これらの美しい宝石は高温高圧の環境の中で次第に成形され、地殻の奥から採掘して輝き、伯爵の腕時計の倍に輝いている。

 
伯爵SH新作プレビューのおすすめ作は、40ミリのバラ金アルデニノ隕石腕時計(G 0 A 440)である。表盤は灰色の隕石を採用して、時、表示されたデザインはシンプルで、日付の窓は3時の位置に設けられ、伯爵の極致な腕時計は優雅で、味わいがない精髄を体現している。隕石の表板の表面の独特のテクスチャは有名なエンドマン模様で、ニッケル鉄の隕石によくあるニッケル鉄の結晶構造で、この隕石の歴史が最も早く、太陽系の形成した初の天体大爆発に遡ると推測される。ダイヤモンドは世界の結晶の刻印を記録したように、隕石も天の川の誕生の歴史を刻んでいる。36と41ミリのスタイルで強調した対照的な美学があり、アルティプラノ40ミリメートルのバラの金表輪と針と灰色の隕石の表盤を組み合わせて、隕石の微妙な質感を生かした腕時計は300枚限定で発行されている。

 
41ミリのバラゴールドマンドッダ腕時計(G 0 A 440 53)は、広大な星空を彩られ、青い隕石の表面を澄まして、鮮やかに輝いていた。8時位置に偏心した時に、分けて表示して、経典の伯爵アルティプラノバトンの針を採用します。フロンダは2時に続いて旋回し、静かな夜空の中で永遠に回る星に似ている。41ミリのアティプラノ腕時計は28枚限定で、伯爵が宝石を象眼したり、宝石の飾り付けや超高高級な製表技術の造詣をしている。

 
36ミリアルティプラノ高級ジュエリー時計(G 0 A 440 76)は、伯爵アルティプラノシリーズの優雅な時計の中で欠かせない定番スタイルで、魅力的な女性とクラシック腕時計デザインのコレクターを愛用している。新作は、表輪と表盤には、含蓄低調と上品で洗練された長段カットのきらきらと透明な穴を描き、3時、6時、9時と12時4分の時間刻みになっており、深い伯爵ブルーの表盤が太陽の放射状の紋様を綴り、88枚に限定されている。コバルトブルーとアバルトブルーとの間に、数十年にわたってブランドの独特なスタイルを打ち立て、さらに2017年のSHHが展示された伯爵アルティプラノリストの周年記念シリーズで大ヒットした。表盤は空の青のように、太陽の光の変化によって異なる姿を見せ、遊歩光がまぶしい光影の魔法を発揮し、腕時計は光の変幻の中で生き生きとした輝きを見せる。