大明火エナメル宝玉シリーズ5367 BR/29 WU

2018年のバーゼル展では、珠玉はクラシックで複雑なシリーズの中で初めての大明火エナメル盤腕時計を発売しました。純白でシンプルな文字盤と青鋼の針が互いに呼応して、古典的で上品に見えます。そして、五時の位置の陀飛輪を最もよく強調するために、五時の位置を手で面取り装飾した陀飛輪の時計橋の上に、精巧な宝石がちりばめられていて、質感が優れています。よく知られているように、珠玉は陀飛輪の父であり、陀飛輪が神秘的でない今日でも、珠玉傘下の陀飛輪は最もクラシックで、最もオリジナルなものである。ムーブメントの面では、581ムーブメントの厚さは3 mm程度で、ムーブメントは80時間に達することができます。その板金、箱と自動陀は全部手作業で彫刻して、自動陀はプラチナの金の材質を採用して、慣性をもっと大きくして、繊細さとチェーンの効率を両立させます。綺麗、軽薄、経典、精緻。参考価格は約170万元です。