宝爵経典シリーズの世界一周旅行二型

タキシードを着て、ガガミラノコピー花宴に行きます。

 
3月には雛菊が咲き、4月には桜が咲き乱れ、5月には鳶尾の花が咲き乱れ、6月には牡丹の香りが漂い、7月には雪の綿花が揺れる。

 
世界各地に植えられた花を味わい、そよ風がもたらすロマンチックな香りを感じる。

 
唯美を絵にして、楽しい自分を残します。

 
花の茂みに寝そべって、一緒に自由な空気を呼吸して、風の吹く音を聞いています。花の命は歴史の流れの中では短いようですが、きらきら輝いています。どの花にも似ていますが、咲いている意味は違っています。しかし人生は花のようで、花が咲いて、花が散って、生命の中のいくつかの変化を演繹しています。

 
スイスの宝の爵(BIJOUMONETRE)は花の中の哲学を結び付けて、世界各地の美しい花種を選抜して、スイスの時計の有名な職人を通じて(通って)花の満開な情景を手で天然の真珠の貝の母の上で彫刻して、微嵌の天然のダイヤモンドは険しい光景の中で韻を流します。三輪の天然宝石の花が天然のサファイアで作った花園の中で軽やかに舞い、生き生きとした霊動が更に独特です。

 
人生は花のようです。静かに咲く時、いつも独特な香りが漂っています。世界一周の花卉タグホイヤーコピー腕時計はきらびやかで美しい表面の背後で人生の本質を刻み、分秒の間に永遠に変わらない願望を訴えています。