宝玉経典シリーズクラシックス5177大明火ブルーエナメル腕時計

エナメルやエナメル(Eamel、Porcel添え、Fired Eamel)は、時計の表面盤の制作によって数百年の歴史を作っているので、多くのものを精巧に作り、メンテナンスも良好であることがよくあります。歴史が百年を超えたエナメル生地は、直接時間をかけた回廊のように、何の歳月の霜の跡が残っていません。光沢と美しさ。エナメルは玉のような温潤な色沢、また宝石の輝き、骨磁の細やかさを備えていて、低調の不毛な優雅さを持っていて、また独光の影の遊移の中で自在に異なった感傷を変える魅力を備えていて、歳月の非情に恐れず、新しい、酸化して色あせない不思議な魔力を備えている。

 
宝玉クラシー5177クラシックシリーズ大明火ブルーエナメル腕時計
18K白金円形の表殻、表径38ミリ、精細金貨の紋様、「大明火」ブルーエナメル面で、宝玉の隠性署名があり、刻度に宝玉の数字が付いています。時、分、秒、日付表示、自動的に錬777 Q型の機械機軸があります。ワイヤを固定した表帯、防水30メートル、紺色のワニの皮のバンドは、プラチナの針を組み合わせます。

 
宝玉の既存の時計シリーズでは、新しいBregetクラシックス5177シリーズの大明火ブルーエナメル腕時計、第1度は「大明火」エナメル工芸で盛名の宝玉の青調を呈する。この独特な色で現代の製表の芸術の風格を演繹して、宝玉の先端の製表の技術と上品な簡素な魅力を明らかに示します。18世紀に栄えたバロック芸術の風格で有名で、アブラハム-ルイ・宝玉氏(Abrathami – Lous Breget)は、この気鋭の優雅な美学を愛し、簡素な設計は社会の名流に人気を集めている。