宝網春宮図3は鑑賞を聞く

春宮の時計は約18世紀末で、西洋の王公貴族の間で流行した贅沢である。その時は懐中で、後ろのふたを開けてエナメルの春宮図を見ることができ、その後、繰り返し動作を起こす2つの懐中表に発展しました。そして、宝石の春宮三問は、より精密な3つの技術とさらに精巧な彫刻を取り入れ、生き生きとしたキャラクターに心のこもった報われる声を加えて、視覚、聴覚の両方を結びつけた芸術であり、収集者には自然な精神的な喜びを与えている。

 
このような誘惑は男にとって致命的だと思います。だから市販の春宮三問にしても、競売場の中古品はすべて天価で成約していて、同じように訴える男が多いようです。肝心なのは、腕につけているとき、まるで正装表のような姿をしているのです。