小型化、大戦略PANERAIP.1000

P.1000は避けられないです。P.999と比較してください。まず、この2つのムーブメントの最も重要な属性です。サイズ、P.999の直径は26.8 mm、厚さは3.4 mm、P.1000は26.8 mm、3.85 mmで、両者の直径は全く同じです。一般的な薄型の手で、この二枚のサイズが目立つとは言えません。ETA 2892は自動ムーブメントで、P.1000より小さいです。しかし、沛納海にとっては、唯二の直径が30 mm以下のモデルです。厚さも一番薄いです。薄い/小型モデル専用の位置付けとしてはかなり明確です。

 
PANERAI沛納海は2015年のW&W香港時計展で、もう一つの新型のオリジナルムーブメントP.1000を発表しました。今回の新モデルの位置づけはかなり明確で、既存のP.999に取って代わるために、ブランドの薄い/小型の手で作られたこの製品を支え続けることが目的です。ところで、P.999は沛納海のムーブメント家族の中の非常に別種の1本で、まず小径、薄型のムーブメントに分類されています。この点だけで十分です。これは使用モデルが多すぎるということではなく、実際にこのタイプのムーブメントを搭載したのは六種類ぐらいです。かなり珍しいです。一方、P.999は設計においてもその特別なところがあります。その板道は四枚の副木で構成されています。そして、重いネジ付きの摆輪とガチョウの首式の微調などの復古的なデザインを採用しています。

 
P.999は2010年に発売されたもので、当時の沛納海のオリジナルムーブメントのシステムはP.2000と9000の2つしかなく、いわゆるスタイルはまだそんなに強くないので、P.999と彼らの2つの家が少し違っても、その趣はそんなに強くないですが、その後彼らの自制心がますます多くなり、風格も次第に確立されてから、P.999とこのようになります。傍系の家族が一緒にいるとちょっと目立つようになります。実際にアンジェラ・Bonati社長自身も「厳密には自作のムーブメントとは言えない」としていますが、ここではすでにP.999のスタイルが異なる理由が説明されています。実際に設計・生産された経緯は分かりませんが、Richemont Groupのクロスブランド中央時計工場ValFlと合理的な推測が必要です。eurierは関係が抜けられません。

 
2010年は金融津波後の重災年で、その年の表界の最も主要な傾向は「薄型」と「基本金」で、P.999はその年に発売されたのは見たところ似ていますが、その後の発展は積極的ではありません。これまでの年間平均も1項ぐらいではなく、逆に年ぶりに発売された大径ムーブメントP.3000系はとても速いです。地はブランドの主力の一つに躍り出た。面白いことに、2015年になって、沛納海は薄型、中/小径のムーブメントに対する需要がだんだん高まってきました。P.4000系について話していた時にも言及しましたが、これは沛納海が傘下の製品の正装着用に関する応用を強化したいと考えています。Radiomir 1940とP.4000を強打したのもこのような戦略的意義を備えています。この時、P.999の後継機P.1000が発表されました。ここ数年の沛納海の全体戦略と結びつけられやすいです。現在、P.999はオンラインで439、512、513のタイプがあります。しばらくP.1000と並行していますが、長い間徐々にフェードアウトしていくはずです。最終的には同じタイプの製品をP.1000に集中します。現在の沛納海の発展方向から見れば、P.1000の将来の応用は大いに可能です。