工夫を凝らす

心を開いて、好きな人に自分の気持ちを見るためです。腕時計も同じように、デザインや機能の考えから、製表師が表盤に一部を開いて、腕時計の美しさ、芸の最も優れた部分を見せる。

 
腕時計の透かしの部分は機械のコアの様々な“骨格”を表現していて、それぞれの歯車の部品とそれぞれの角度はすべて心を通して磨いて修飾しなければならなくて、最も完璧な姿勢で人の前を見せます。

 
約1760年には、製表のマスターアンデ- Charles Caronは、パリのRST Saint – Dens専門店の時計を多くの時計を鑑賞するために、世界第1枚の透かし彫り表を創製し、腕時計内部構造の謎のベールを開いて、透かし彫り板、板橋、歯車などの微細な部品を目の前に現す。

 
製表師は、通常の機軸をベースにして、まず針で透かしの必要な部分を小穴にくぐり、余分な金属を取り除き、それから彫刻刀で45度の角の斜め辺と、機軸面を異なるパターンに彫る。この美しさの過程において、彼らはさらに底辺の底力を最小限に抑える必要がある。最も熟知している比喩を使って透かし表を言うならば、それは切り紙です。この二つの芸術に共通しているのは、成形図案があって、図案以外の余分な部分を取り除いて、腕がよく熟していて、完成品の余分な荷物がなくても、一歩も間違えないトップ工芸です。