張親類が骨董品を全うする

香港での撮影を終えた張親類は、スイスのトップクラスの製表ブランドの積み上げ家のためにベLLAVoによって、1つのキャンプ場のサロンを設立した。会場34件の財物博物館で秘蔵されている骨董品の中で、積み立てをした骨董品の蔵家である張さんは、超ミニの101機を搭載した。これは、90坪の積家サロンの採掘期間限定で無料公開され、10月までの展示ブランド創立185年の古典的骨董品として、近年まれなトップクラスの複雑な時計を展示しています。

 
腕時計、カメラ、自動車、バイク、さらにランプなどの古い物件については、自分自身が収蔵した1968年の古典Manovox Polaresの極地は腕時計、つまり今年の新しいPolarsシリーズ復刻の対象となる。古い物件を買うのもまじめに勉強している張親類は、買っても必ず使うので、時計はあまり多くないと思います。そして、積み木としての骨董品を見学すると、世界最年少の金具と指輪のネックレスなど、普段はあまり気にしない彼も美しいと思います。イギリスの女王イリザベス二世の65年前に配られたドリルは、この積家101の機軸を搭載しています。自分で買っても、張さんも自分が「スーパーセールスマン」と笑っていて、多くの友達も古い時計に夢中になっていて、「佑佑(楊さん)がいるみたいですよ。」」

 
101機のコアを除いて、初の積家サロンには2世紀近くのオリジナルの定番が展示され、1931年に誕生したREersoの回転腕時計も含めて、今でも多くの人口に膾炙している。せっかくのAtmsエア時計は、大気中の微細な温度変化だけで正確に動くことができる。1928年からの独門技術、スイス政府に贈った貴賓の指定プレゼントでもある。1959年のMeovox De折Seaはさらに史上初となる大騒ぎの潜水表である。出展は今年10月までに予定されています。ブランドの表示は、大衆の反応が展示時間を延長する可能性もあります。