心の向かうところは、必ず成すところがあります。

飛亜達大師シリーズ敦煌のテーマ「胡旋舞」腕時計
巨匠シリーズ敦煌のテーマである「胡旋舞」の腕時計は、敦煌莫高窟の第320窟の古典的なシーンからインスピレーションを得て、手で糸を絞るエナメル職人芸と飛亜達の高級な時計の精髄を作り、千百年以来、世間の人達の極致の想像と敬虔さを方寸の間で再現し、敦煌の永遠の光り輝きを再現します。腕時計にはスイスの機械心を改ぞうし、菩提葉でできた蓮の花の模様をあしらっています。

 
振り子は、底の蓋を通して美しい律動を示します。そして18 Kの金で矜持の高い殻を作り、贅沢で珍しいクロコダイルの皮のバンドを組み合わせて、ますます貴い気持ちを添えます。全世界限定10枚。