手を携えて共に昼夜を数える

朗格「LANEC 1」シリーズ偏心大カレンダー
国宝級のドイツ製表ブランドのラン格にとって、「LANEC 1」シリーズには特別な意味がある。独特の偏心なレイアウトが目の前を明るくして、大暦の表示方式はより鮮明で、この腕時計は誕生の初めから経典として奉られています。今では「LANEC 1」が代替えされているが、今年に至っては特に女性のように精巧な女装腕時計を発売した。

 
ネット上では「昔から赤が出ている」という手品があったが、今年は巧は、青々としたブルーのメンズ「LANEC 1」を発売し、さらに女性のために紫赤の「ライトライン1」の女装腕時計が発売された。このブルーメンズは、実心銀によって作られた紺の亜鉛メッキ盤、白18 K金具の運用により腕時計のデザイン言語が明確になっている。放光指針とメッキの18 K金の組み込みは、表盤上で鮮やかなコントラストを作り出す。LANEC 1はサイズが36.8ミリというだけではなく、細部を一新した美しさをイメージしています。ひねり彫刻紋の18 Kの金の表盤とワニの皮の表帯色が互いに調和し合っている。紫色のデザインは100枚限定で、ラング専門店だけで発売されます。