手を携えて肩を並べる経典の柔情:宝玉

珠玉の経典シリーズから選んだ対表はまるで恋人同士のようです。このシリーズの腕時計は常に新しいシンプルな風格に溢れています。その創作の霊感はアブラハム・ルイ?宝玉(Abraam-Leous Breget)さんのデザインスタイルに由来しています。優雅な線、正確な走り、明快な表示で完璧な時計技術のモデルになります。このシリーズは5157男性の腕時計と9068女史の腕時計を経典の作品として、珠玉の一貫している技術理念、卓越した工芸と伝統価値を受けています。時間の長い試練を経験できるような恋。

 
珠玉の経典シリーズ5157は男性の腕時計そのものが尽きることがない時間の絶妙な体現で、荘重な表面は珠玉の時計職人によって最も純粋な伝統の技巧の手作業で彫ります。紳士らしく、重厚を尽くす。ケースの装飾には溝のような縁があり、珠玉の首文字の浮き彫りが施された表冠はその経典的な美しさを表しています。直径38ミリのケースには、厚さ5.2ミリの超薄型自動チェーンマシンの芯が装備されています。大きなものと美しいものが一体となり、まさに悟りの深い男性が逸材を見せながら、優しさと繊細さを表しています。

 
珠玉経典シリーズ9068女史腕時計は2014年ジュネーヴ時計大賞「最も人気がある」賞を受賞しただけでなく、繊細な姿で多くの女性のお客様に愛されています。同様に繊細なケースを採用しており、簡潔な珠玉の透かし彫りの文字盤には、明るくカットしたダイヤの輪と耳をはめ込み、女性の上品さと魅力が自然ににじみ出ています。この腕時計の「芯」の汚れは珪素質のフィラメントの機械芯を採用しています。表示時、分、秒の同時にウィンドウ式の日付が表示されています。古典の中には革新があります。珠玉の経典シリーズ5157男の腕時計と互いに照り映えているのは、透かし彫りの「月形」の針の先の宝玉である青鋼の針を採用しています。ケースの外縁と同じようにお金の紋様を飾っています。