技術革新:ブランパン突破に発売した「備長炭」腕時計

ブランパンの「芸術の大家」は永遠に腕時計、腕時計の装飾工芸更新と芸術の造型の想像力を、例えば、昨年発売した「ダブル牛争い王」を採用し、ブランパン特有のダマスカスはめ金や赤銅、生き生きとしスイスの象徴を形作りました——瓦莱牛。

 
赤銅工芸日本から、にも採用された制作長剣、アクセサリーなどの器物。今年、ブランパンM E tiers d」「芸術の大家アートスタジオ、再び」が発売された1項の採用は日本の古い芸の腕時計――Binchペンダントたん備長炭工芸腕時計。

 
このような特別な炭は、成長は日本紀州地域(Kishu region)のウバメガシつくってなる。