文字盤の上の錦鯉は中国文化の吉祥と美しいシンボルです。

M e tiers’Art HM Koiは、中国文化の中の「錦鯉」を文字盤に描いて、時間の流れと美しいシンボルを一体化させます。

 
一枚の文字盤は真珠の母貝を使って作られました。母貝には文字盤を囲む二つの尾が描かれています。一つは赤で、一つは黒で、微絵の技巧が優れています。豊富な細部が見られます。
伝説によると、孔子の息子が生まれた時、魯昭公は孔子にお祝いの贈り物として鯉を二匹贈呈しました。それから鯉は中国文化の中に吉祥の象徴があります。

 
40 mmのバラゴールドのケースにはA&S 1001の手動チェーンムーブメントを搭載しています。ダブルバネケースの設計のおかげで、動力は90時間まで保存されています。ムーブメントのサンドイッチはドイツの銀を使って作って、細かいC〓tes de Gen Sèveを経て潤しています。