新旧とともに

再設計Oris Artelier天文台日表は金はモダンなデザイン、伝統にタブに敬意を表するの作品。腕時計を搭載Sellita SW200-1ベースの天文台認証ムーブメント(Oris 737)、すべてのムーブメントはスイス公式天文機構(COSC)をご違う位置やさん種類温度でテストじゅうご日。テストを通しての腕時計、毎日わずか-よんしよから+ろく秒の誤差、しかも各ムーブメントが一組の認証番号。

 
新しい表項の直径40 mmは、旧型より円錐、も薄く、時計にいっそう軽便で優雅に合った設計する要求。ケースは形が新が、文字板を採用した伝統的な「ねじれ索状の飾り」の彫刻工法、非常に現代感の形でも伝統的な表強調流れ線質感。時計の文字盤は、薔薇の針、時には、活発性を増加。を選択することができて、あるいは改良後は更に平坦の精鋼のため。