日常生活腕時計ベルレWW 1 Chronographe Monopoussoir Heritage

タイマーの形は20世紀初頭から腕時計に移りましたが、当初は飛行機を運転する時にポケットから取り出しにくいので、時計をベルトで留めていました。第一次世界大戦が勃発するにつれて、「時間を知る」需要が高まり、両手を忙しくしながら読むことができる腕時計も普及してきました。WW 1 Chronographe Monopoussoir Heritageは1920年代のパイロットが使用した腕時計の形を外形としてデザインしており、復古の味は一目瞭然です。細い時計の耳から真ん丸な表皮が現れ、視覚的には懐中時計のようです。二つの斗の大きいアラビア数字と簡単な線で構成された時の標的は、はっきりとした配置によって時間の読みやすさを高めています。小さい秒針と30分の時間計の副表盤にはねじり糸で飾り、両者の間の距離も特別な計算を経て、少し離れて読みます。

 
全体としては、文字盤は実用的な機能以外に、少しも余分なデザインが見えません。若いパイロットは飛行時間を計算する需要があったので、腕時計は時間を表示する道具だけでなく、彼らが任務を出す時の装備です。当時のタイムテーブルは大半が単にボタンを押すだけの形で、つまりボタンを通して、時間計測、停止、ゼロに戻すなどの動作を制御します。空にあまり暇な時間がないパイロットにとっては、便利で素早くて安全なデザインです。この腕時計はレトロな外形だけでなく、45ミリの大きさで航空履歴をほぼ100年にわたって再現したものです。便利さを備えた自動上鎖ムーブメントを搭載し、日常生活でも動き回るようにしています。