時をかける古典の懐中時計のストーリ

歴史によると、時計の誕生は600年前、懐中時計の出現は17世紀末。当時のイギリス、フランス、ドイツなどの比較的早い時計の製造国では、時計はほとんど教会や鐘楼の上に設置されていましたが、新しいレバーのサイクリングやコイル機構などの時計技術が登場し、時計が人々のポケットに入るための条件を作ったのが最初の懐中時計です。

 
19世紀になって、懐中時計の製造技術はすでに高いレベルに達しました。当時の表工芸は全部手作業によって、K金のケースの製造、精緻な彫刻、彩色のエナメルの焼きから各歯車とねじの磨きまで、全部人手で処理します。仕事にこだわり、機能が複雑な懐中時計は、何年もかかります。

 
スイスの時計職人は懐中時計の分野で先進的な技術(先進的なギア装置やラジエーターなど)を身につけたからこそ、スイスという国は二世紀にわたって世界のタブ産業の中心になったのです。多くの初期のスイスの表现技术は、今は年月が経つにつれて一つずつ伝えられなくなりました。伝わってきたこれらの素晴らしい腕时计だけが、昔の辉かしい歴史を人々に语っています。

 
懐中時計といえば、まず思いついたのはラングで、ラング懐中時計が有名で、人気があります。それの多様な革新と複雑な機能だけではなく、その極致の正確さからです。