時計製造:ディオールVIIIグランドバルインバーテッドムーブメントウォッチ

パリのディオールのデザインスタジオとスイスのラショードフォンの時計製造ワークショップでの撮影は、ディオールVIIIグランドバルシリーズの完全な製造プロセスを示していました。

 

ディオールVIIIウォッチの最初のドラフトは、手描きのスケッチやレンダリングを含むディオールのデザインスタジオで最初に完成し、時計の細部を注意深く表現してから、製造のために時計製作所に送られました。

 

ディオール独自の「インヴェル」ムーブメントを搭載したこのシリーズは、文字盤にオシレーションウェイトを配置し、チュールステッチやフェザーデコレーションなど、さまざまなバージョンをご覧いただけます。

 

38mmのケースはハイテクセラミック素材で作られ、外輪にはダイヤモンドの装飾が施されており、チェーンストラップや色違いのパテントレザーストラップと合わせることができます。