柏高Paul Picot-TECHNIUMシリーズP 813.SG.601機械表

まず、タイム計算コード表の芯は難しいです。これまでETA 7750、真力時El Primero、Lemania、Venus、ミネルバなどのタイムマシン芯はタイムマシン芯の五つの伝奇とされています。ETA 7750は今まで時計の分野で制覇していましたが、本当の力はEl Primeroが初期のロレックスディオールに採用されました。ミネバは万宝龍に傘下に入れられました。Venusは前世紀に伝説となりました。Lemaniaはハイエンド腕時計の寵児です。この柏高-TECHNIUM手動クロノグラフは市場では珍しいLemania 1872手動でチェーンマシンの芯を使っています。モデルは古典的なマルチレベルの薄いリストリングを採用しています。リストバンドは密集読秒の目盛り以外に、ブロックブルーの計測符号の目盛りも展示されています。針は12の時度と元の固体鋼加工で、目盛は立体的に嵌められて、針はケースと一致して、12段の研磨研磨を採用しました。

 
表にはHAND WINDINGマークが表示されています。また、側面にはこの腕時計は伝統的な手動計時コードマシンの芯技術を継承しています。裏のサファイアのガラス表鏡にはLemania 1872手動計時機の芯の複雑な構造が現れています。青剛ねじ、青歯輪サンドイッチ、剛玉はバリアフリーで鑑賞できます。。黒いワニの皮のバンドを採用しています。この41ミリは直径が大きいコアを搭載した腕時計の価格といえば、絶対親身です。