極地律動陀の飛輪は永遠の律動を顕示する

ロイヤルグリシリーズの超薄型ドッダ腕時計は、新たな「Tpissery Evolutial」の放射状紋の表板を採用し、スモークブルーは光の下で独特の漸変色調を呈し、表輪にはめ込まれた漸変階段型カットブルーのサファイアと、950プラチナのカバーを組み合わせた。Calbre 29 24マニュアルチェーンの自産コアの厚みはわずか4.46ミリで、動力は70時間に達し、表裏面に動力貯蔵表示が設けられている。

 
ロイヤルグリシリーズの透かし彫りの時計は黒の陶磁器で作って、Calbre 298の透かし彫りの機軸はメッキで処理して、黒の副表盤に合わせて統一的な色調の風格を呈して、表盤の12時位置には可視式発条箱の設計を採用して、6時位置はドッパの装置で、30分のカウントダウンは3時位置に位置する。