江詩丹頓芸術の大家“海星”の腕時計を品鑑します。

Les Univers Infinisシリーズの腕時計は数項の優れた技術でフェイスプレートを作って密嵌芸術を解釈するだけではなくて、更に最も得意なタブ工芸を使ってこの芸術を焼き上げて、透明な後底蓋を通すだけで、繊細な手作業で作り上げて、マイクロメカニックの極致を象徴する完璧な内包を鑑賞することができます。

 
Les Univers In≦nisシリーズの3つの腕時計は全部2460 SCのムーブメントを搭載しています。江詩丹顿2400自動的にムーブメント家族の傘下のメンバーです。機能は信頼できます。さらにジュネーヴ進級表の伝統的な手芸を厳守して、磨き面取り、真珠の紋様の板、ジュネーヴ波の紋様のサンドイッチ、繊細な機の紋様が22 Kの金の自動ディスクを飾っています。装飾を磨いて、すべて透明なサファイアの水晶の底を通して蓋をして一望できます。

 
特にここ数年の江詩丹トンのムーブメントは1400手の上で一族を鍛えることと2400自動の上で一族のこの2つの主力のムーブメントの全シリーズを含めるので、ジュネーヴの印の認証を獲得する割合はますます高くなります。今年S.I.H.H.Les Universシリーズの腕時計を発表した時に、新たなジュネーヴ印認証規範が正式に出発することになりました。ブランドもこの新しい腕時計は新しい認証基準に合致していると強調しました。完璧な表工芸に対して、江詩丹顿は妥協できないということを示しています。

 
彫刻師はまず文字盤に海星の形を描き、その領域で溝を掘ったり切ったりして、次にエナメル大師がエナメルで溝を埋めて、800°から850°Cの高温を使って焼き直します。最後に磨きと釉をかけます。