江詩丹頓蒔絵腕時計:カエルとアジサイ

アジアではカエルは崇敬の念を持ち、ブルガリコピー日本では復帰の象徴とされています。カエルの日本語の名前はカエルで、「回帰」と同音です。カエルは忠誠心で有名です。遠く離れていても、いつまでも最初の場所に戻ってくると言われています。川や田んぼに生息するカエルは人間に近く、農業や米で育つ社会では自然と繁栄に結びついています。春が来て万物が蘇る時、カエルのゲロゲロの鳴き声はどこにでもあります。カエルが一人の庭で暮らすことにしたら、主人を危険や厄から守ることになる。

 

 
アジサイに似合う蛙は極東神話の伝統の中で最も多く称賛されている動物です。忍耐の象徴であり、象彦職人たちが文字盤に生き生きとした蛙を描く時に必要な忍耐力です。目はキラキラしています。ヒラメの技術を使って、まずヒラメの粉をまいて、漆を塗って色を深めます。モミダシの技術を使って、オイルストーンの研磨をしてカエルの体にして光を捉えます。カシワリを駆使して漆芸の異なる層を作り出し、主に葉のテクスチャの細部を描くのに用いられます。丸い池は、ウブロコピー文字盤の上に波のようにゆらゆらと揺れていて、この腕時計の静かさと穏やかさを引き立てています。