無形に変化:Chanel J 12新型腕時計

ChanelシャネルのJ 12腕時計は変わりません。二十周年を迎えるにあたり、J 12腕時計はその粋を失わずに変化を続けてきた。経典は変えられないで、時間の経過の抽出と彫刻を経て、更に強化してはっきりしています。

 
J 12腕時計は渇望のために生まれた。ブランドの元アートディレクターのJacques Hellelが腕時計を作ることを決めた時、彼は自分のために設計しました。彼が鉛筆でスケッチの第一筆を描く時、この時計は時間の拘束を受けないで、富運の動感があって、しかも全黒だと想像します。彼の霊感は一番好きな二つの世界から生まれました。自動車とヨットです。彼はレースの定番ラインが好きで、アメリカ州カップのヨットグループJ 12の華美な外形がもっと好きです。腕時計もこれを名目にしています。2000年に、J 12は表の世界を転覆しました。黒い陶器の種類は、21世紀最初の古典腕時計として知られています。

 
誕生から二十年後、CHANEL腕時計設計工房のアーナド・チャーリング監督は、J 12が伝奇的な特徴となって動かないように、新しい姿を作り出しました。文字盤の空間を増やすために、ドーナツも微調整しました。凹形の切り口は30から40まで増加して、数字のフォントと時標も再設計されました。

 
フランジ型でセラミックの表冠をカットする装飾の幅も3分の1減少した。ケースの厚みはやや増しますが、まろやかで柔らかな側面があり、ケースを厚く見えないようにしながらJ 12のすっきりとしたラインを維持しています。ケースシャーシと新しいバンドのデザインで、やや長めのチェーンは、視覚的な錯覚と快適さを強化します。