男性の手首はエレガントで、見ると貴重な「ブルーダイヤルウォッチ」

少し前まで、有名な色の研究機関であるパントンは2020年のスーパーコピー時計代表的な色を発表しましたが、これは多くの人にとっては予想外のことでした。青)。

いわゆるクラシックブルーは、おなじみのデニムジャケットのインディゴブルーで、非常に静かでエレガントな雰囲気を与え、気分を落ち着かせて快適にします。

青の着方、服のスタイルでの古典的な青のパフォーマンスなど、葉も何度も紹介されているので、ここでは繰り返しません。

しかし、来年のトレンドに追いつきたいなら、すべてを青くする必要はありません。いくつかの古典的な青グッズの上半身はもっとシックかもしれません。

したがって、前述の黒のソウルウォッチと比較して、今日のさまざまなフレーバーの青いディスクウォッチを見てみましょう。
ご存知のように、黒と青は男性に最も人気のある2つの色であり、優れた質感も持っています。

しかし、視覚的なスタイルは異なります。青はテクスチャに基づいて深すぎず、黒のようなすべてをカバーしていません。少し明るい色は青をより静かで斬新にします。時計には、よりエレガントでクールなスタイルの違いも表現できます。
ロレックス潜水艦(ブルーウォーターゴースト)

ロレックスの潜水艦シリーズでは、黒い水の幽霊、緑の水の幽霊、赤い水の幽霊をよく耳にしますが、青い水の幽霊はめったに聞こえません。

もちろん、上級労働者のファンは、ブルーウォーターゴーストウォッチもあることを知っておく必要があり、その価格はしばしば唇に掛かるグリーンウォーターゴーストとブラックウォーターゴーストよりも高価です。そのため、以前の2つのモデルよりも人気がありません。一。
ブルーウォーターゴーストは、潜水艦シリーズでオールスチール素材を使用しない唯一の時計であり、誕生以来18カラットのゴールドが追加されているため、一般的にブルーウォーターゴーストと呼ばれています。名前は「ゴールデンブルーウォーターゴースト」にする必要があります。

ゴールドとブルーのウォーターゴーストは18Kイエローゴールドと904Lステンレススチール「ゴールドスチール」で作られており、外側の文字盤にはブルーダイヤルとブルーセラクロムセラミックベゼルが付いています。

ブルーゴールドとブルーウォーターゴーストの組み合わせは独特の視覚的な印象を与え、2つの色は互いに強調します。ブルーダイヤルベゼルは時計のゴールデンイエローの色をより際立たせ、ゴールドはブルーをより深く見せます。非常に豪華で豪華な質感、非常に魅力的。

ムーブメントでは、ブルーウォーターゴーストもブラックおよびグリーンウォーターゴーストと同じで、パフォーマンスとブライトリングコピー安定性に優れ、300メートルの防水深度を持つロレックスの自社開発の3135ムーブメントが装備されています。