真力の時の魅惑的な透かし彫り

聞くところによると、真力さんは来月DEFY Class ic黒い陶器の腕時計を発売します。これも初めてこの材料を使ったDEFY Class icシリーズのモデルです。

 
この表は70年代に登場したオリジナルのDEFYシリーズをモチーフに、サイズ41 mm、ケースは黒のジルコニアセラミックスで鍛造されています。文字盤は一見複雑に見えますが、実は簡単な大三針の腕時計です。独特な透かし彫りのデザインが視覚的に複雑さを増しました。夜の光を帯びて、昼も夜もはっきりと読めます。

 
この表はElite 670自動ムーブメントを採用しています。これは本当に力を入れている時に多くの年の主力ムーブメントを使っています。信頼性は問題ありません。このムーブメントが経験した初めてのクリア処理です。現在の価格は約5万元です。