礼は中秋の象牙色の大明を献上する

ザEclipse Ivory Enamel腕時計さと鋭い美学の視点で、古典主義の絵や模様の迫力にジャック徳罗达緻頂点の高級時計や工芸技術の礼を尽くす。まず「グランFeu」大明火エナメル文字盤。この時の夜のブランドに生まれたノウハウは、要求の極度に専念職人と火加減を精密に制御、これらは鋳造の色やテクスチャもユニークな文字盤にとって重要。この美しさは「白紙」では、红金で刻まれはち星と曲がったところの明月。由来説明じゅうはち世紀のデザインについてのブランドの淵源と自啓蒙期以来、装飾芸術の偏愛。夜に美しい星1枚の白い縞瑪瑙彫り上げ糸遊調節器の後ろにぼうっと見える、ちょい縷縷の詩情をもたらす月相表示の一回の変換。

 
このセイコー時計の視覚的な宴、限りない豪華な登場を連れて登場。週間と月表示窓は文字盤の上部で、1本の頭上三日月のエレガント蛇状指針は、红金ケースに沿ってラップを示す数字日付。繊細な時計・分針も同じ路線に沿って回り、尖削の外形と古典のラインを際立たせこの腕時計抜群の調和の美。

 

 

http://www.jpabcdef.online/