科学技術感と芸術の美学アテネSonタシリコンの限定表

アテネ表(Ulyson Nardin)は、製表の伝統を覆し、時計の材質革命に取り組む。アテネ表は「Sonタシリコン限定腕時計」を発表し、さらにシリコン晶体がトップ制表の最適な素材であることを確認し、シリコンの結晶を使って内部の高い精度の機軸の部品を作るほか、より表面的に製作し、現代の科学技術感と芸術の美学を結びつける表金となっている。

 
アテネの「Sonタシリコン限定腕時計」は、シリコンの半導体集積回路製作所のシリコンチップカット成形を採用し、シリコンチップの自然原色を維持し、現代の科学技術感を示している。ココアの自動盤にはロゴが付いており、透明後のカバーによって機軸を磨くことによって律動の美を見ることができる。

 
「Sonタシリコン限定表」に搭載されているシリコンの結晶部品は、すべてSgatec社によって作られている。Sgatecは2006年に設立され、スイスワレ(Valis)とアテネ表、Mimatecと共に、高精度な微細な機軸の部品を生産し、伝統的な製表の限界を破った。