空間無限遠点を基準とした時間測定

星の時は、航海者が星の高さによって時間を決める測定法です。これは太陽時間よりも一定で、地球が空間の中で無限遠点-春分点の上で360°回転するのに必要な実際の時間に基づいているからです。恒星の日は平均太陽より4分ぐらい短いです。太陽の時と似ています。恒星の場合は地方性があります。恒星の場合は、正午は春の分点が現地の子午線の真上にある場合を指します。

 
星盤はヨーロッパに導入され、時計のデザインを促し、天体の位置を示す新機能を作り出しました。このような発明の中で最も有名なのは14世紀のGiovann Dodiによって発明されたastraiumです。オリジナルの時計は紛失しましたが、オリジナルノートと図面によって複製品が作られました。その一つはLa Chux-de-Fondsの国際時計博物館で展示されていました。星盤の他に、地球を中心とする惑星の軌道を示す時計が5つあります。タワーと教会の鐘は同じ星盤があります。有名な例はプラハ市役所の時計、バーンのZytgloggeとストラスブール大聖堂の時計があります。