窯焼きに秘められた千年の秘密!ポパーエナメル時計!

今の科学技術が盛んに行われている中で、エナメルの文字盤はエナメルの技師によってしか育てられません。技術者は百種類以上の調合法に精通している必要があります。また、焼く過程で発生する色収差と亀裂を把握することができます。これは非情な時間と深い愛情の生命で、ようやく懐胎することができる芸です。

 
宝パーは少数の独立したエナメル芸術工房を持つ高級なタブブランドで、有名なエナメル巨匠クリストフ?バーナードが自らリードしています。多くのエナメル技師の高山仰止さんは、エナメル技術に精通しているすべての秘密、さらには調達できる原料まで自分で調合しています。

 
多くのエナメルの時計の中から、今日は代表的なエナメルの時計を選びました。純色の大明火エナメルはその懐胎した盤面の色が純正で、暖かくてつやつやして玉のようです。特にいくつかの内向の伝統的な時計気質に合います。その焼制温度は800℃以上でなければいけません。手を合わせても人事を尽くすしかないです。窯焼きの工程ごとに窯変のリスクがあるからです。