精密機械自動人形機マスター

1738年、わずか17歳のピエール・アークドロは、拉夏徳義のスーパーポルト農場で第1の時計工場を創設し、日増しに整った時計と座鐘を製造し販売し、その時計の中に音楽と自動人形を入れて飾り、いわゆる「自動人形時計」を作った。

 
機械に精通し、複雑な機軸を作るのが得意で、ピエール・アークドロは間違いなしの自動人形機のマスターとなっている。彼が作った時報は、鳥や音楽の噴水や音楽時計など、名実ともに芸術の珍品である。1755年に世に出た自動人形機「作家(The Writer)」は、当時の機械工芸の奇抜なものである。

 
ピエールは「作家」を約70センチの3歳の男の子の姿を設計し、道易の15風のベンチに座って、筆を貫いてインクをつけ、字を書きながら、あっという間にうなずいた。記録によると、「作家」は精巧なシステムで2組の歯車を交互に釈放します。第1組は体の上端に取り付け、3組のカムリング付きに垂直回転鉢を通して、手首の3つの基本的な方向の動きを制御して、レベルや垂直方向にペンを運んで、筆先の動きによって太いまたは細い2種類のペンを書きます触れます。文字の文字の書き上げを完了した後に、第2組の歯車はカムシャフトの上下の活動を駆動して、先にペンを紙の上から言い出して、それからやっと1つの字母を下げます。体の下半分になると、第2組の歯車が制御されます。円盤を巡る40枚の鉄栓をそれぞれ9度の角度で交互に動かし、その設定によってアルファベットや記号を書くことができ、40文字と3行文字を上限とする。カムシャフトは、鉄栓の指示によって位置を調節し、特定のアルファベットの輪郭を描き、異なる機械動作(例えば新しい行と点インクをつけて)同様の原理で制御する。その道具の乏しい時代には、600件の機械部品があり、全ての部品が人形の体に収まって、組み立てて、機械の原理で個人を動かすのは簡単ではありません。本当に大師級の人物だけが完成します。

 
また、「音楽家(The Meician)」と「画家」は、息子や養子によって設計されていて、幼いころからピエールの身柄を手に入れ、芸も抜群である。

 
これらは後人に「アークドロ機械人形」と呼ばれた傑作は、当時のヨーロッパの多くの王公貴族に嘆いて、これまで傾倒した。今日、私たちはスイスのナサテル芸術と歴史博物館に行った時に、やはり彼らの風貌を見ることができます。