精彫細琢Vintal 1945 xLシリーズ大カレンダー月相

シノキ表Vintal 1945シリーズの古典的な美しさと革新の意を一身にして、シノキの時計の現代の精彫の細い時計の芸術のシンボルで、2012年に世界のVintal 1945シリーズの大カレンダーの月相の時計、芸術の風格の妙を含んで、ブランドの経典の設計の特色を続けています。

 
腕時計の表面の線の線は簡潔で簡潔な中で含蓄の弧を見て、もとの工場の自動的に機械のコアを練って、マイクロ弧の表盤は大きいカレンダーと月相の表示があって、美感と技術は完璧に美しくて簡潔な気質、対称な配置と自家製の機械のコアなどの要素を徹底的に貫いて、従来の時計のスタイルと密接に呼応します。

 
今日は皆さんにご紹介したこのシケVintal 1945 xLシリーズの大カレンダー月相腕時計は、18 Kバラ金の殻の殻によって作られ、簡潔で簡潔な気質、対称的な配置と自家製機械のコアなどいくつかの元素を貫いて、従来の時計のスタイルと密接に呼応しています。

 
腕時計は黒ワニの皮の表帯で、黒の糸を縫って縫います。
腕時計の精緻な工芸令Vintal 1945シリーズは再び注目を集めています。Vintal 1945シリーズ大カレンダーの月相の腕時計は濃厚な古典の美感を配布して、また外観、機能と華貴の物料の完璧な組み合わせの長所を得なければならなくて、時計の芸術の精髄を含んで、シケ表の最新の代表作となります。