約3万〜4万元の予算で、どの時計がお勧めですか?

ロレックスオイスターパーペチュアル114300

オイスターパーペチュアル114300は、現在ロレックスコピーの最安値のメンズウォッチであり、非常に費用対効果の高いモデルです。人気がないため、市場は比較的普通で、簡単に始められます。ベーシックなオイスターウォッチですが、デザインも注目に値します。ポイント、この時計の最大のハイライトは「オールマッチ」、あらゆる種類の服、どんな機会でも、1つの時計で十分です!
この時計は904Lステンレス鋼でできており、直径は39mmです。また、カレンダーウィンドウがないため、ケースが比較的薄く、快適性も抜群です。文字盤は放射状の模様で装飾され、サファイアクリスタル、ロレックス独自のCal.3132ムーブメント、青いニオビウムヘアスプリング、オイスタースタイルの安全ベルトが装備されています。

 
オメガシーマスター300

このレベルでより高度なテクノロジーと構成の時計を本当に探しているなら、私は間違いなくOmega Seamaster 300をお勧めします。2018年のアップグレード以来、この時計は技術的な構成であろうと技術的な構成であろうと、同じレベルで最高になりました。外観のデザインはほとんど申し分のないもので、行き止まりなしで360°と呼ぶことができます。たとえブランドが値上げしたとしても、それはその異常に人気のあるシーンを防ぐことができませんでした。
時計ケースは316Lステンレス鋼製で、側面はつや消し、直径42mm、適度なサイズです。文字盤とベゼルは磨かれたセラミックでできており、文字盤はレーザー水波紋で、ベゼルスケールはエナメルで満たされ、時間、日付、発光機能があり、オメガマスタークロノメーター8800ムーブメントを備え、ストラップはステンレス鋼です。

 
チューダーの小さなブロンズの花

ロレックスの弟として、チューダーは近年非常によく発達しました。特に、Biwanシリーズの時計の紹介も自作ムーブメントを搭載しており、この小さなロレックスの技術構成もかなり良いです。品質はロレックスに匹敵しますが、価格は比較的人に近いので、このブロンズのように一般的にコストパフォーマンスは非常に高いです。
小さなブロンズの花は2016年に誕生しました。この時計はアルミニウムブロンズ合金を使用してケースを作成しています。このブロンズ合金は緑青を生成しませんが、時間の経過とともに色が濃くなります。ヴィンテージの質感は一流です。時計の直径は43mmです。アーチ型のサファイアクリスタルミラー、シーガル2824自動巻きムーブメント、茶色のカーフスキンストラップを装備。