腕時計「微世界」の手作りアート

愛人ロイヤルグリの自動弦の腕時計
ロイヤルグリシリーズは1972年に誕生し、シンボル性の八角形やネジ外露などの革命的なデザインを持ち、透かし彫りは更に宝で、完全に表盤を通してツルドレーの枠組みが伸びた機軸の構造を見ることができる。愛人3101は自動的に弦機のコア、18 kバラの金の表殻、APの文字の折り畳み表のボタン、防水の深さは50メートルです。

 
エミーの腕時計
何かを見ることができるのは、回転する歯車を見ることができますし、動力がゼミによってバランスの歯車に送られていく流れを見ることができます。コイルや針機構、匠心のシリーズができます。エミーML 105は手に入れて、弦の中に弦の中のココア、ステンレスの表殻、直径は43ミリ、黒のPVDコーティングの時は落札して、夜の光の時、針を分けて、ワニの皮の表帯は折り畳み表のボタンを合わせて、防水は50メートルです。

 
「マーク時代」バージョンの彫刻腕時計(花柄)
みずほの工芸師は伝統工芸や復興に大きな自信と興味を持っています。腕時計の透かし彫りはハイテクに頼らず、完全に人手に頼って、補助の手動機械を上手に操作して、機械の美しさを見せることができます。鉄の彫刻と透かし彫りの925銀の表盤、青鋼の針、ワニの皮の表帯、銅の紋様の折り畳み表のボタン。